GTX 1070 Tiは税込59,940円から。2,000円追加で1080買え。

2017-10-28


リファレンス


約6万円

正式発表された1070Tiですが、早くもドスパラWEB上で予約が開始されています。
予約が開始されたモデルはPalit NE5107T015P2-1043D (GTX1070Ti 8GB DUAL)で、価格は税込59,940円となっています。

ドスパラ

国内最安値モデルとなります。

ドスパラ - Palit の組み合わせが最安値な理由

答えは単純で、いわゆる代理店税がほぼ0だからです

国内で販売されるPCパーツの多くは代理店を介して卸されるため、(特に発売初期は)海外価格と比べて大きなずれが生じています。
(詳しくは [4Gamer]「アスク税」とは何か ~ゲーマーのためのグラフィックスカード流通事情講座で。)

しかし、Palitに関しては、メーカーと一次販売店(ドスパラ)間に代理店が存在しません。
ドスパラが代理店とも言えますが…。

そのため、価格コントロール諸々を自前で行えるので他の代理店を解するメーカーの製品よりも安く提供できる場合があります。

アスク税の有り無し

※税金が乗っているものに対して安いだけで、税金が乗らない状況に対しては価格は殆ど変わりません。

というわけで、(そもそものカードの値段が安い製品が出てこない限りですが)国内最安値モデルと言い切れます。
出ている情報を見る限り、ほぼ間違いないはずです。

1080との価格差は現時点で2,000円

同じPalitの1080搭載モデルの値段は税込61,980円です。 殆ど差がありません。

これならば、2,000円追加で1080買いましょう。
現時点での1070Tiの購入はおすすめしません

なお、1080の発売当初の値段は税込69,999円でした。
大体12%ほどの値下がりです。

1070Tiも同じように時間が経てば10%ほど値下がりして税込54,000円ほどになりそうです。 1070の値段は税込45,980円なので1070と1080の間にうまく収まる形でしょうか。

今後の値下がりに期待しましょう。


  • はてなブックマーク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE (SPのみ)