【簡易レビュー】Ryzen 7 2700X はX370マザーボードでも性能を発揮できるのか

2018-04-22


キャプション

というわけで、Ryzen 7 2700X を買いました。
X470チップセットを搭載したマザーボードも同時発売されましたが、スルーしました。
X370マザーボードで満足行く性能が出れば不要と思ったからです。

果たしてこの判断は正しかったのか。
換装前の1700Xと比較した簡易レビューを交えつつ、判定します。


(事前知識) CPUの性能

———————– 2700X (参考)1800X
Cores 8 8
Threads 16 16
Base Clock 3.7GHz 3.6GHz
Boost Clock 4.3GHz 4.0GHz
TDP 105W 95W
最大温度 85℃ 95℃
付属クーラー あり なし
CMOS 12nm 14nm
ソケット AM4 AM4
——————- —— ——-
Value(2018/04/21現在) ¥41,018 ¥36,709
——————- —— ——–

一言で言うなら「微細化した分盛ったよ!」なCPUです。(その分TDPも増えていますが…)
製造プロセスが14nmから12nmになりました。

ソケットはAM4を継続して利用しています。
マザボ変えなくて良いの大きい。
また、1800Xと違ってリテールクーラーWraith Prismが付属しています。AMDCPUのリテールクーラーの中では最上位となります。

気になるのは最大温度が10℃下がっている点です。
今までよりマージンを多く取ったのか…謎です。


外観・中身

キャプション

キャプション

特筆することなく、リテールクーラー、CPUといつもの感じです。


3DMark ベンチ Physical Score

定番ベンチマークソフト3DMark系ベンチマークのPhysical Scoreを比較します。
なおCPU以外の共通構成は以下の通りです。

Motherboard Asrock Fatal1ty X370 Gaming K4 (UEFI 4.60)
Memory Samsung M378A1K43BB2-CRC 8G × 2 (DDR4-2400)
GPU MSI GTX 1080 GAMING X 8G
PSU HX750 CP-9020031-JP
CPU Cooler Corsair H100i

Fire Strike Extream

キャプション

1700X : 17887
2700X : 20770 (+16.1%)

大手メディアのスコアが大体21000前後なので、正しそうです。
X370マザーボードでも問題なくその性能を発揮していますね。
21000に届かないのはDDR4-2400を利用しているからだと思われます。

Time Spy

キャプション

1700X : 7301
2700X : 8400 (+15.1%)

こちらも大手メディアのスコアが大体8800前後なので、正しそうです。

数値を見る限り、大体15%ほどのスペックアップでしょうか。


CineBench r15

キャプション

1700X : 1505
2700X : 1750 (+16.3%)

前述した通り15%ほどのスペックアップで間違いなさそうです。


Mining CriptoNight v7

キャプション キャプション

1700X : 353.9H/s
2700X : 474.5H/s (+34.3%)

増えすぎなような気がする(1700Xが小さすぎる?)

因みに、特にOCせず、デフォルトで4.0GHzまで全コアブーストするようです。
やばくね? X370でも問題なくね?

キャプション


消費電力

アイドル時:131W
キャプション

マイニング時:219W (+88W)
キャプション

全コアフルロード時(CineBench):264W (+133W)
キャプション

CPU単体だと145W程度の消費でしょうか。
TDP105Wですが、最大性能発揮時はオーバーするようですね。


総評

X370マザボでもいけるやん!
2700X やばくね?

安いX370マザボと2700Xがかなり強い組み合わせになりそうです。
少なくとも、ハイエンドRyzen環境を安く構築したい場合はこれでいいのでは?

    価格(税込)
CPU Ryzen 7 2700X ¥41,018
M/B Asrock Fatal1ty X370 Gaming K4 ¥15,119
Memory Corsair CMK16GX4M2A2666C16 (8GB×2) ¥21,980
GPU Palit NE5107T015P2-1041J ¥58,980
SSD crucial MX500 CT500MX500SSD1/JP (500GB) ¥15,670
HDD 東芝 MD05ACA600 (6TB) ¥13,737
電源 Corsair CX650M CP-9020103-JP ¥6,908
ケース Fractal Design Define R5 ¥11,858
OS Windows 10 Home ¥15,000
    ¥200,270

OS込20万ドンピシャ構成です。 OSをごにょごにょしたり流用できるところは流用すればもっといい感じになりそうです。


  • はてなブックマーク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE (SPのみ)