ざっくり要約

性能を増やしてほぼ価格据え置きの実質値下げ

スペック表

GeForce RTX 2080 SUPER GeForce RTX 2070 SUPER GeForce RTX 2060 SUPER
CUDA Core 3072 (+128) 2560 (+256) 2176 (+256)
Tensor Core 384 (+16) 320 (+32) 272 (+32)
RT Core 48 (+2) 40 (+4) 34 (+4)
Base/Boost Clock 1650/1815 MHz (+135/+95) 1605/1770 MHz (+195/+150) 1470/1650 MHz (+105/-30)
Memory 8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 (+2GB)
Memory Clock 14Gtps 14Gtps 14Gtps
Memory Bus 256 bit 256 bit 256 bit (+64)
Memory BandWidth 448GB/s 448GB/s 448GB/s (+112)
TBP 250W (+35) 215W (+40) 175W (+15)

カッコ内は無印と比べた上昇量。
注目は2070Sのクロックアップ+CUDAコア上昇と2060Sの8GB化。
特に2060Sはほぼ2070無印弱程度なので、価格が落ち着けばかなり流行りそう。

ざっくりどうなるか

価格とモデルの図はこう

性能とモデルの図はこう

全体的に上にずれたので、GTX1660Tiとの差が広がる形に。
2060Sだけ価格は上昇しているがおそらくメモリを足したせいだろう。

「買い」なのは?

前述したがRTX 2060 Super
2070無印が5.5万円で売られていることを考えるとだいぶ手が届く値段になる。(初値は税込み4.5万円ぐらいと予想)
スペックもほぼGTX1080/RTX2070ぐらいなのでFHDだとむしろオーバースペックかもしれない。

無印はEndOfLife(在庫限り)へ

https://ascii.jp/elem/000/001/888/1888403/index-2.html

このRTX 20 SUPERシリーズの登場により、RTX 2080及びRTX 2070が「EOL」(=End of Life)、つまり流通在庫のみで終息する。Radeon RX 5000シリーズと競合する(あるいは可能性が非常に高い)であろうRTX 2060以上2080 Ti未満のゾーンにおけるパワーバランスを、RTX 20 SUPERシリーズ3モデルで見直す製品と言える。